初夏の風物詩らしい

釣りに誘われたので行ってきました。
こんばんは。浦部です。

釣りと言えば港や海岸での海釣り、鮒や鯉を狙った川や湖の釣りがありますが、今回はエビを狙いに行きました。

春から初夏にかけてテナガエビのトップシーズンだそうです。

エサはこれです。

ほたての貝ひも。
テナガエビ釣りは2回目ですが、前回はこれでかなり釣れました。

とりあえずの場所は大洗駅の近くのこの場所です。

テナガエビは隠れられるところがあるような場所で釣れます。こんな感じでテトラポットが置いてある場所はねらい目です。

午前中の2時間半くらいやっていましたが全く釣れませんでした。

キャンプ用品を持っていったのでお昼はご飯を炊きました。

全く釣れないので地元の人に聞いたら、他の場所のほうが釣れるとのことで夕方になって移動。

こんなロケーションのところです。

目印は赤い橋。

テナガエビは隠れられる場所に移動してからエサを食べるため、かかるとウキが移動します。動きが止まったところで竿を引き上げると釣れます。

3時間くらいやったところでやっと1匹釣れました。
(写真撮るの忘れていました)

周りがこんなに暗くなるまでやっていましたがその後は全く釣れませんでした。

近いうちにまたやろう。

全く関係ないけど大洗駅のこのオブジェが気になる。

釣れず悲しいのでリベンジしたいです。

と思って翌週リベンジに来ました。
残念なことに先客がたくさんいて場所が取れませんでした。

予定を変更して近くの大洗海岸で潮干狩りです。

やはり人が多いので、人が少なめの場所で開始。
ようやく1匹目が取れましたが3㎝より大きいものしか持って帰れませんのでリリースしました。

結局は持って帰れる大きさのものは2匹でした。
味噌汁の具材としてはさみしいですがとても美味しかったです。

おしまい。

小堀の渡し

乗り物が好きだ。
見る。乗る。知る。すべて良し。

こんばんは。浦部です。

以前は鉄道ネタを書いていましたが今日は渡し船です。

場所は自宅のある取手市。

この渡し船は、明治時代に蛇行した川の河川改修をしたところ一部の地区が市街地から川を挟んだ対岸に分断されてしまい、住民たちが不便を解消するために運行を始めたそうです。

市の境(県境でもある)が利根川の南にあることがわかります。
古い川の一部は沼として残っています。
渡し船が運行されはじめた頃は、単に「渡し」と呼ばれていたそうですが、分断された地区は小堀(『おおほり』と読みます)というため、小堀の渡しと呼ばれるようになったそうです。

その後に利根川に橋がかかり、橋までの道もできたことから住民での運営だと維持できなくなり公営に変わりました。
さらに平成になって小堀地区までコミュニティーバスが運行されたため、今では地区の住民の足から観光船に役割が変わっています。

説明が長くなりましたが、実は毎月乗っています。
船には自転車と原付が載せられ、原付で対岸の病院に行くには便利です。

取手市街地側からの出発の様子はこんな感じです。この船は平成元年に就航し30年と少し運用されました。

って、なぜ過去形か?

なんと令和2年から新しい船になりました。

塗装はアーティストの日比野克彦氏のデザイン。
見た目が綺麗。

自転車と原付は桟橋との段差が減ったので乗せるのが楽になりました。

おしまい。

リンク: 取手市/小堀の渡し(おおほりのわたし) (city.toride.ibaraki.jp)

淡水のエビ。

こんばんは。しばらくブログを書いていなかった浦部です。

突然ですが、エビを飼い始めました。
カワリヌマエビ(細かい種類は特定不能)です。

元々は↓こいつ↓のエサでしたが、愛着がでてしまい今じゃ水槽に100匹以上います。

エサに集る(左奥)その画はちょっとヤバいです。

カワリヌマエビの亜種である在来種のミナミヌマエビは
関東にいないはずなんですが、某所では比較的捕り放題です。
ほぼ毎週こんな感じで捕獲しています。

育て始めてしばらくしたらなんと抱卵し、その後に稚エビも生まれました。

産卵の様子。

どアップにするとなんとなくサイエンス!

おしまい。

あおいえき

こんばんは。浦部です。

念願の青井駅に行きました!
つくばエクスプレスの普通の駅です。

なぜ青井駅かって?
テーマを決めて駅巡りをするのが好きだからです。
青井駅、今回の有終の美を飾ります。
テーマは見てわかると思います。

白井駅

黒井駅

赤井駅

みどりの駅

そして青井駅!(ドヤ顔)

駅もほとんど地下鉄の駅と一緒です。入口があるのみ。

絵的に特徴がありませんでした。

赤井駅のように、駅舎が見どころとか、

みどりの駅のように夜にイルミネーションがあるとか、

そう言うのは全くなく、住宅、コンビニ、駐車場以外に本当になにもありません。
大変に地味な結末です。

たぶん住むには良いところだと思います。

追伸:東北にまさかまさかの「むらさきのえき」があるらしい…。

土底浜。

突然ですが、独りぼっちになりたい時ってありませんか?

上手くいかなかったとき。失敗したとき。はたまた宝くじで数億円当ててみたとき。
そんなときにピッタリのスポットがあるんです。

こんばんは。浦部です。

かなり前のブログに名前だけ出てきた、土底浜を散歩してきました。

「浜」という字が付くだけあって海の近くです。そして何もない。
聞こえるのは波が押し寄せる音と小鳥の鳴き声だけ。

ベンチに人がいるの?

と、思ったら打ち捨てられて朽ちた機械でした。

「浜」ってつく土底浜。実は波の浸食で浜がなくなってました。今は見渡す限りのテトラポット。

駅に戻って切符を買って。。。

いまさら気が付いたけど電車がない。

しかもスマートフォンも電波が入らない。

2キロ離れた隣の駅に電車が来ているのが見えるので余計に恨めしい。

本当にありがとうございました。

この日の気温が35度を超えていてかなり暑かったので駅で電車を待って戻りました。

上越妙高の駅で懐かしいのを見かけました。

フレッシュひたちだったE653系。
いいもの見た。

トイデジ。

こんばんは。浦部です。
トイデジ(トイカメラのデジタル版)を買いました。

7月に買ったのですが、ちょっと忙しくて使えてませんでした。
9月の連休ってことで持ち歩いてみました。

買ったのはこちら。

Rhianna – 夢と情熱のデジタルカメラ

トイデジの特徴ですが、

○ 味わいの深い写真が撮れる。
○ ビビッドカラーの写真が撮れる(ビビッドモードが設定可能)。
× 画質は期待できない。
× 暗さに弱い。
× 作りがチープ。
× 液晶がついていないか、ついていても気休め。

というのが一般的です。

このカメラも殆どが当てはまります。

ファインダー(のようなもの)を覗き込んで撮ってみましたが、曲がっている。
水平に撮れていない。

気をとりなおして水平になるように頑張って見ましたが…。

意図していないボケ味が出ている。ああ。

とても撮影が難しい。
これは慣れるしかないです。

エフェクトも幾つかついています。

ハイキー

単色効果(マジェンタ)

バイナリー

ビビッド

ネガポジ反転

LOMO

Rhianna

たぶん「Rhianna」ってエフェクトがメインなのかな。
一番トイデジっぽい写りになる。

たくさん撮っているとだんだん慣れてきます。
ここからちょっと画像大きめ

酒列磯前神社

阿字ヶ浦海岸

阿字ヶ浦駅前通り(笑)

常磐線高浜駅

前から気になっていた「青木葉日出男の店」

つくば西武

つくば駅3番出口前

クレオスクエアキュート

つくば駅前交差点から吾妻西方面

帷子川横の通り

横浜駅前のグリルバー

おしまい。

へぎそば

こんにちは。新潟出身の浦部です。

夏ですね。
ツルっとおいしい蕎麦が食べたいですね。

そういう訳で、新潟の小千谷まで蕎麦を食べに行ってきました。
小千谷と言えばへぎそばです。

例年は家族と車で行くのですが、今回はお友達と電車で行ってきました。
しかも青春18きっぷを使って普通電車で。

予定では関東から日帰りできる日程だったのですが、途中の六日町で乗っていた電車が止まってしまいました。
上越線の水上と越後湯沢の間は1日に5往復しか列車がないので、この段階で引き返さないと普通電車では日帰り出来ない状態になりました。

それでもお店も予約してしまっているので小千谷まで行きました。

へぎそば。

そば打ちするときに、つなぎとして布海苔という海藻を使っているのが特徴です。
片木(へぎ)と呼ばれる器に乗せて出すのでへぎそばと言います。

非常においしいかったです。

おまけ

電車が遅れた都合で日帰り出来なくなってしまったので、泊まって帰りました。
帰り道、友達のたっての希望で群馬県みなかみ町の月夜野交差点まで行ってきました。

曰く「交差点の名前が格好良くないか?」

おしまい。

ひたちなか海浜鉄道湊線に乗ってきました

こんにちは。
鉄分多めな浦部です。

いよいよ連休開始なので、なかなか行けなかったひたちなか海浜鉄道湊線に乗ってきました。
家は横浜ですが今は茨城に来ているので乗り潰そうと企んでました。
ようやく実現しました。

湊線は勝田駅から阿字ヶ浦駅までの15キロに満たない路線ですが昭和20年代に作成された車両が現役で走っていて、そういうのが好きな人にはなかなかの人気です。
全区間乗る予定だったので1日乗車券(900円)を購入しました。

起点の勝田から終点の阿字ヶ浦までの運賃は570円なので往復するだけで1日乗車券のお得感が味わえます。
湊線の駅は、勝田から順番に、勝田、日工前、金上、中根、那珂湊、殿山、平磯、磯崎、阿字ヶ浦です。

最初に乗った駅は勝田でも阿字ヶ浦でもなく「磯崎」。

ローカル線なので列車がすぐきません。
乗って隣の駅で降りると次の列車が来るまで時間があります。
ひと駅かふた駅乗り過ごして降りると反対の列車が比較的早く来るため効率良く乗るにはこれが一番です。

最初に目指すは阿字ヶ浦。

のはずですが、最初に来た列車が…。

混んでいる。
とても混んでいる。
東京の通勤電車並みに混んでいる。

いきなり予定外です。

それでも阿字ヶ浦まで乗りましたが駅前では湊線のイベントをやっていたので、到着してもなかなか駅から出られない。

駅から出て海まですぐなのに駅から出るので10分以上かかってしまいました。

これでは予定が狂う。狂ってしまう。

それでも海には行きました。
マリンブルーとエメラルドグリーンが混ざった感じで綺麗でした。
列車に間に合わないついでに、近くにある酒列磯前神社に行きました。

ここの参道が好きなんです。

阿字ヶ浦駅に戻ってまた湊線に乗り、次は殿山→平磯の順番に駅で降りてきました。
殿山は何もありませんでした。
平磯は阿字ヶ浦からウォーキングコースの案内が出ていたためか、人がいっぱいいました。

待つこと約30分、また反対方向の列車に乗って那珂湊へ。
那珂湊でもいつになく人がいっぱい。駅の中でイベント中でした。

ホームに停めてある車両の中で鉄道写真展を開催していました。
なかなか面白かったです。

駅の隣には茨城交通のバスがたくさん停めてあるのですが…。

見なかったことにしましょう。

気を取り直して次の列車に。
後は一気に乗り潰しで、那珂湊→勝田→金上→日工前→中根の順番に乗りました。

日工前は乗り降りするのが初めてです。
カメラのズーム機能を使うと隣の金上が見えそうです。
(↓車と人が通っているのは金上駅の先の踏切です)

中根はいわゆる「秘境駅」と呼ばれて近くに民家などが見えないのが特徴なのですが、この日ばかりは人、そして人、駅とその周辺のにはかなりの人。

なかなか見られない光景です。

夜になったらやっぱり秘境駅でした。

お墓参りのついでに

浦部です。

夏ですね。夏。
夏なので新潟のお墓に線香をあげに行きました。
新潟も年に数回しかいけないので、ついでに趣味の駅巡りに行ってきました。

ご先祖様と親戚のお墓は新潟と言ってもかなり西側の上越なのですが、新潟県内は乗り潰しで全部の駅を制覇している&下越まで行くのも時間がないので上越あたりで珍しいところに行ってきました。

土底浜駅

名前が珍しいだけです。

青海川駅

信越本線の駅です。

「日本で一番海に近い駅!!」と言われています。
満潮の時はホームから釣りができそうです。
たびたびドラマのロケ地になったりしています。

直射日光が激しいので反対向きの電車に乗ってすぐに帰りました。

筒石駅

この駅、北陸本線のトンネルの駅の中にあります。
北陸本線の直江津から糸魚川にかけてはフォッサマグナで地盤が緩いところにあったため何度も土砂崩れに見舞われて、ついにたくさんのトンネルを掘って列車を通すことになりました。
この駅も元々は能生町の筒石の集落にありましたが、今では直江津-糸魚川の間では最長の頸城トンネルの中に移動しました。

おかげで改札からホームまで200段近い階段をエスカレーターなしで登り降りしなくてはいけません。
階段横にはエスカレーター設置用の場所は確保されていますが、日に30名くらいしか乗降客がないのでなかなか設置してもらえないみたいです。

地下にあるので冷房なしで涼しいです。
ホームは上下線で対面になくてちょっと離れています。
最近は鉄道趣味の人が増えたせいかホームには人が数名いました。

降りた電車がトンネルを出て行くときに地上の空気が降りてくると温度と湿度の差で通路に霧がかかっています。

しかし降りてちょっと後悔。次の電車はおよそ100分後でした。

かなり新潟の駅を満喫できました。また来年!

おまけ

帰りに土合駅(群馬県)に行きました。

筒石駅を超える階段の段数で、下り線のホームから改札まで高低差約70メートルで通路まで階段が462段。さらに改札まで24段。

東京から電車で谷川岳に登りに来た人がまず最初に味わう試練です。

上り線で来たので一旦ホームに降りたのですが、登るのに15分かかりました。

おしまい。

舞子。

こんばんは。浦部です。

2012年もそろそろ終わりです。
今年は作業の都合で1月末からずっと神戸にいました。
う~ん。もう11ヶ月ですか。感慨深いです。
もう関西にどっぷり浸かってしまって、関東に帰るとエレベーターで右側に立ってしまうくらいです。

神戸ではずっとホテルに泊まっているのですが、基本的には三宮の近辺に
泊まっています。
でも時々遠いところに行ってみたくなります。

神戸でお気に入りの場所があるんです。

舞子。

女性の名前ではありません。
神戸の海沿いでは一番西の地区です。三宮から約30分、JRで290円のミニ旅行です。
ここにある舞子ビラと言うホテルに泊まるのが目的です。
このホテルは元々有栖川宮家の別荘だったところで風景は本当に素敵です。

窓の外に広がる明石海峡大橋がいいです。
夜景はこんな感じ。

夜だとあまり見えませんが橋の向こうには淡路島があります。

早朝だとこんな感じです。

淡路島が見えます。
泊まる度に風景見てテンションが上ります。
が、三宮まで遠いので通勤ラッシュに混ざって仕事行くことになります。
嗚呼。