「ビール片手にお好み焼きを食べよう」会の報告です!

1年も半ばが過ぎ、ゆううつな梅雨の季節になりました。
梅雨と言っても、日が差せば真夏の暑さそのものです。

こんにちわ!!尾藤です。
梅雨の蒸し暑さに負けずと「ビール片手にお好み焼きを食べよう」会を6月15日の花の金曜日にティ・エス・ネットお好み焼き同好会にて実施しました。
場所は、日立駅の海岸口方面の線路脇路地にある、お好み焼きの専門店である○○さんで開催しました。

その1・お好み焼き編

お好み焼きは、生地を混ぜるところから始まります(適度の混ぜ、生地の間に空気をなじませます)。
あまり混ぜると団子になります......注意してください。

続いて、適度に熱い鉄板に混ぜた生地を乗せて広げます。

5分程度焼いたらひっくり返しますが、両手で2本のへらを使い手際よく作業します。
裏返すときに失敗する事もありますので、注意が必要です。

次にソースを塗りますが、ダイエットを考えて薄めに塗ります。

次にかつおぶしと青のりを適度に振りかけます。

続いてマヨネーズ?.....コレストロールにご注意してください。
(本当にマヨネーズかけるの.......?)

これで出来上がり!.......無事に完成しました。
美味しそうな、お好み焼き「デラックス版」です。

その2・やきそば編

続いて、「やきぞば」のチャレンジです。どっさり、4人前の特盛りを一気に料理します。
左側は食べ残しのサラダです。

最初に肉を鉄板でかるく焼きます。

続いて、野菜をへらでまんべんなく炒めます。

野菜と肉のエキスが出たならば、やきそばを鉄板に加えてやきそばを焼き焼きします。

鉄板でやきそばをジュージュー焼きます。
かき混ぜるほどに味が出てきます.....ちょうど2Grのニューホープも同じでしょうか。

多少、麺の色が変わった頃にソースを加えます。

更にソースがやきそばと絡む様に焼きます......ひたすら混ぜて焼きます。

最後に薬味で味付けをして、やっとの事で「やきそば」が完成です。

本当に楽しい、「ビール片手にお好み焼きを食べよう」会の調理報告でした。
次回は、「鉄板を囲んでの熱燗でお好み焼きを食べよう会」なんてのも最高でしょうか。