東京モーターショー2017に行ってきました

『東京モーターショー2017に行ってきました』

ティ・エス・ネットワークスの尾藤です。
11月3日に東京ビッグサイトで開催された「東京モーターショー2017」に行ってきました。

2年に1回の恒例行事でもあり、友人と車で朝の8時前に出発し、
レインボーブリッジ下の駐車場に車を止め、
お台場からゆりかもめで東京ビッグサイト国際展示場に無事到着しました。
モーターショーの花形といえば、近い将来を示唆したコンセプトモデルをメインに
各自動車メーカー、部品メーカー、車体メーカーなどが多くのモデルを出品しており、
「クルマやバイクの未来を見て、ワクワクする希望にあふれたイベント」そのものです。

「11月3日は文化の日」祭日の関係か、11万人以上の人出であり、
一般公開日9日の内で最も多くの来場者の圧倒されました。

憧れのニッサンGTRには多数の人達が写真撮影に並んでいました。

来年夏にデビュー予定のTOYOTAクラウンのコンセプトカーであり、
車種通信機を活用することで安心・安全を提供するフラッグシップモデルだそうです。

ホンダのSports EV Conceptでクルマ界の電動化時代の
新たなスポーツカー提案モデルだそうです。
流麗なエクステリアデザインが目を引きました。

レクサス LS+Conceptは挑戦的なデザインで、
レクサスのフラッグシップセダンであるLSの将来像を示唆したコンセプトモデルとのことです。

マツダの次世代コンセプトモデル「魁CONCEPT」で
次世代技術とデザインを融合したコンパクトハッチバックモデルだそうです。

スバルで考える安心で楽しいクルマ作りのビジョンを具体化した
自動運転技術普及期を見据えたスポーツセダンだそうです。
実車を展示していますが、あえて展示車にモヤをかけています。

トヨタの人工知能を応用した「人を理解する」技術と自動運転やエージェント技術により
新しいFun to Driveをもたらす「TOYOTA Conceot愛i」です。

メルセデスベンツの「Smart vision EQ fortwo」でハンドルのない完全自動運転を実現し、
街中でカーシェアリング的に利用できる未来のコンセプトモデルだそうです。

ミツビシの「e-EVOLUTION CONCEPT」でエボリューションの名前が復活!
フロントに1基・リアに2基のモータを搭載する4WDだそうです。

「NISSAN IMx」将来のニッサン インテリジェント モビリティを見据え、
移動の楽しさを提供するコンセプトカーだそうです。

トヨタ「GR HV SPORTS CONCEPT」であり、
世界発披露のスポーツカーと環境技術の融合で
「新たな楽しさ」を提案するハイブリッド搭載モデルだそうです。

何だか車のカタログみたいになってしまいましたが、
気になる車の写真を数枚掲載します。

「ホンダ CIVIC TypeR」です。

「ホンダ NSX」です。

「ニッサンGTR」です。

ポルシェ「Turbo S E-Hybrid」です。

映画になった「カーズ」です。

ここで質問です。
Q—–この写真のコンパニオンはどこのメーカーでしょうか?
(コンパニオンの手のマークに注目してください)

そろそろ帰ろうかとビッグサイトの屋上に上がったところ、
西の方角に富士山のシルエットを見ることが出来ました。

最後にお台場の夜の夜景です。

★コンパニオンはどこのメーカでしょうかの回答——スズキです

今回の「東京モーターショー2017」は、人が多く疲れましたが
最新の車や試作のコンセプトカーを見ることができて大変有意義な1日でした。

白河ラーメン

こんにちは。木村です。

先日(10月9日)、社内の自転車同好会で、
「ツール・ド・しらかわ」というサイクリング大会に参加してきました。
参加コースは、メンバー全員(6名)でエンジョイ65という、
それほどアップダウンのないコースを走りました。

ちなみに、自転車同好会を結成してから、
今年で4回目の参加になります。

大会当日は、天気も良く、特にアクシデントもなく
全員で無事に走り切りました。

今回せっかく白河に来たという事なので、大会前日に
白河ラーメンの超有名店『とらや食堂』へ食べに行く事にしました。
しかし、到着したのが、閉店5分前だったため
残念がながら食べる事が出来ませんでした。

その後、何件か調べてみたのですが、
まだ19時前にも関わらず全部閉店していました。
手打ちの為、その日の分しか作らないみたいです。
結局、普通のラーメン屋で食べました。

しかし、大会当日、なんと!大会のゴール直後、
参加者全員に白河ラーメンが配られているではありませんか!?

ラーメンを取りに行こうとしたら、メンバーの2人(星、大河内)が
テレビの取材を受けていたので、急いでカメラを出し写真をとりました。

ただ、残念な事に地元放送の福島テレビなので、
2人の雄姿は見る事は出来ませんでした。