ニュース一覧

ホームニュース一覧 > 令和2年10月「高校生インターンシップ/職場体験実習」受入れを実施しました

  • 大
  • 小
  • 元に戻す

令和2年10月「高校生インターンシップ/職場体験実習」受入れを実施しました

日立商工会議所殿が毎年実施されている「高校生のインターンシップ事業」の受入れ企業として、本年も10月20日~22日の3日間、日立工業高等学校の生徒さん3名を迎え、職場体験実習を行いました。

研修内容
 

【実習1日目】
「会社概要」、「会社と学校の違い、社会人と学生の違い」、「情報系の仕事について」 などの講義を行いました。 みなさん熱心に聞いていただきました。
休憩をはさみ、さっそくプログラム体験としてExcel関数の実習を行いました。 すでにExcel関数を使いこなしている方もいらっしゃいました。

インターンシップの様子1

 

【実習2日目】
前日から引き続きプログラム体験として、ExcelVBAとフローチャート作成の実習を行いました。 みなさんちょっと苦戦していましたが、楽しんでいたようです。
また、弊社社員との懇談を行いました。和やかな雰囲気の中で会話ができ、少しずつ緊張がほぐれてきた?ようです。

インターンシップの様子2

 

【実習3日目】
最終日は前日のフローチャート作成の続きとExcelVBAで ログイン画面の入力チェックプログラミングに挑戦してもらいました。
if文やFor文の使い方に苦戦していましたが、皆さん最後まで作成することができました。

インターンシップの様子2

最後にまとめとして、感想などを聞かせていただきました。

情報電子科 第2学年 Oさん

今回の職業体験でExcel、関数、VBAやフローチャートなどを学びました。フローチャーの良さは最終的な目的は同じなのですがその過程が何通りもあり自分なりに考えて作れるので楽しい作業だな、と思いました。 またパターンは無限大だなと改めて実感しました。
Excelの関数では、合計、平均など簡単な関数しかやっていなかったのですが、今回の職業体験でcountやRoundなど学べてより一層簡単かつ早く作業が出来るようになりました。 三日間という短い時間でしたが「わからなくても一生懸命に取り組む」ということを大事に学べたので良かったと思います。本当にありがとうございました。

工業化学科 第2学年 Kさん

今回インターンシップをここでさせていただいてフローチャットの難しさやExcelの面白さ、プログラム作成の楽しさを知ることができました。 ほかにもExcelVBAという新しいことに挑戦させていただけてとてもコンピュータに興味を持ちました。
プログラム作成をすると聞いたときは工業化学科の自分にはできる自信がなかったのですが、社員の方のわかりやすい説明のおかげで楽しく学習できました。 普段学校では学ぶことのできないことがたくさん学べて楽しかったです。今後はこの経験を活かしコンピュータ学習に取り組んでいきたいです。ありがとうございました。

情報電子科 第2学年 Gさん

今回のインターンシップで普段の学校生活では学ぶことができないことを学ぶことができました。
社員の方々が自分のわからないところや質問したことに対して一つ一つ丁寧に教えていただいたので、 とても楽しくインターンシップを終えることができました。また、迷っていた自分の進路先を決める 良い経験になったと思います。

最後に

3日間という、短い間でしたが今回のインターンシップで体験したことを、今後の学生生活や将来の進路を考える上で少しでも参考になっていれば嬉しく思います。