流鏑馬(やぶさめ)

すっかり寒くなりました。皆さん風邪を引かない様に気をつけましょう!
ひさしぶりの登場!! 鈴木(ま)です。

今回は、近所の神社で流鏑馬祭を行ったのでご報告します。
場所は、日立市大久保町にある大久保鹿島神社です。
ちなみに日立市内に鹿島神社は、8社あります。

流鏑馬とは、もともと疾走する馬上から的に矢を射る日本の伝統的な騎射の技術、稽古、儀式のことを言います。

現在、規模は小さくなりましたが、400年前から途絶えることなくこの神社で引き継がれてます。
由来は、佐竹義重(1547~1612)が家臣の武威を示すために奉納した神事が流鏑馬神事の始まりと言われています。
(県内でも数ケ所の神社でしか行っていないと聞いております)

宮司、氏子、馬主、馬丁、射手など約40人で神社を出発して河原子海岸へ行き、
身を清める儀式:潮垢離(しおごり)を行います。


それから、常陸多賀駅近くにある下孫鹿島神社へ寄り、お祓いを受けて大久保鹿島神社へ戻ってきます。

戻ってくると神社前の一般道を交通止めにして、射手が疾走する馬上から的に矢を射る行事が始まります。
3箇所の的を射手が各3回づつ射るやりかたです。矢が的に当たると的の板が割れる音が響き、
見ている人からの拍手喝采がわきます。矢は魔除けのお守りとなるので競って矢を拾います。

最近は、安全などを考慮して参道にて行事をとり行います。(ちょっと寂しかったですが・・・)

今回、この祭りのスタッフとして参加したのですが、伝統ある文化を守っていく大変さを感じました。
毎年、10月29日に行いますので、よかったら見学に来て下さい。

サイクリングの必需品が役に立ちました

ティ・エス・ネットワークスの尾藤です。
最近の運動不足とメタボ解消から、休日には走りなれた久慈川から山田川のサイクリング道路を自転車で走っています。
今の季節は川沿いの土手にセイタカアワダチソウが野草とはおもえないほど、黄色一色に土手を埋め尽くしており見事なものです。

水辺にはカルガモとサギが優雅に泳いでいました。久慈川はサギが多く見られ稲刈りの時期に田んぼにも飛来してきます。

こんな感じで、行きは優雅に景色を見ながら常陸太田市の和田を折り返し、山田川のサイクリング道を帰路につきましたが、国道293を過ぎたあたりから後輪のタイヤのからゴツゴツ音がして空気抜けが感じられ、パンクです。
タイヤを見るとタイヤの一部から内側のケーシング木綿が見えており、ここにジャリ石が刺さったものと思われます。

この自転車も2011年9月に購入してから2年が経過し、走行距離も3000kmは超えておりタイヤもツルツル状態でした。
自転車で走っていればパンクも付き物で、この様なこともあるだろうと準備しておいた「パンク修理剤」が出番です。近くのホームセンターにて350円で購入し常備していました。

パンクしたタイヤのバルブに10秒くらい突き刺すと泡状の液とエアーが一緒にタイヤに入りパンクした穴を瞬時に埋めてくれる代物です。

パンクした穴が大きいのか、帰り着くまでに3度の注入をして、自転車に乗って無事に帰る着くことができました。恐るべきパンク修理剤です。
帰ってから近くのホームセンターでタイヤとチューブを購入し交換作業です。
左側が購入したタイヤ、右側が破損したタイヤです。パンクした部分に穴が開いてしまいました。この状態でよく帰ってこられました。

取り外したタイヤとチューブです。以前にパンク修理したチューブの部分が多少盛り上がっており、この部分に負荷がかかりタイヤが摩耗して穴が開いたみたいです。

約30分程度で新しいタイヤに交換することができました。前輪のタイヤは多少溝がありましたが、前後の見栄えを考えて同時に交換しました。
もちろん、パンク修理剤も新しいものを購入しました。

これでサイクリングにも行くことができます。
運動不足とダイエットを兼ねた自転車でのサイクリング、これからも頑張ります。