ゴルフ用IoTデバイス

こんにちは、田鍋(佑)です。

物事の上達には何が必要でしょうか。
私は復習が重要だと考えてます。

よくゴルフのラウンドが終わった後に、その日のラウンドがどうだったかを振り返ります。
スコアだけではなく、パットの調子はどうだったか、ドライバーは曲がったか、アイアンの精度はどうだったのか、などなど。

ただ、どうしても何となくの印象的な曖昧な記憶で正確ではなかったり、そもそも時間が経つと忘れてしまいます。
というわけで、買ってしまいました、そんな悩みを解決するIoTデバイス「ARCCOS CADDIE」

この製品は14個のbluetooth機器がついており、それを各々のクラブのグリップエンドにつけることにより、ラウンド中にどのクラブでどのぐらいの距離を何回打ったかを記憶してくれるデバイスになります。

そして、これをつけて先日初ラウンドした結果がこちらです。
(全てスマホアプリの画面です)
まず1ホール1ホール、どのクラブでどのぐらい飛んだかを自動的に記録します。

クラブにつけたセンサーとスマホのマイクを連動させてショットを検知するので、ラウンド中の手直しはほぼ要りませんでした。
手直しが必要なケースは、OBなどのペナルティが付いた時とOKパットぐらいでした。
(ただ、ライまで正確にデータ入れようとすると、ライの判定は精度があまり良くなかったのでもっと手直しが必要そうです)

ラウンドが終わると、まずドライバー、アプローチ、ショートゲーム、パターの何が良かったのか・悪かったのかを数値で評価してくれます。
今回はパターが良かったようですが、アプローチが悪かったみたいです。

さらにその中でもどういうシチュエーションが課題だったのかを分析してくれて、練習方法やアドバイスなども提案してくれます。

また、1ラウンドの情報だけではなく、過去ラウンドした情報から番手ごとの飛距離も分析してくれます。ちゃんと頭が良くて、ダフったなどのノイズデータは除去してくれているようです。
(この日は寒くて持ち歩くのがめんどくさくて、Dr、6i、9i、Pぐらいしか持ち歩かなかったので、歪なデータになってます)

クラブ毎にさらに詳細なデータも見れます。

まだ1ラウンドしか使っていないのでダメでしたが、もっとデータが蓄積されてくるとラウンド中に残り距離から最適な番手を提案してくれるキャディ機能などやれることが増えてくるようです。

エンジニアな自分としては、ラウンド毎にデータが蓄積されて分析してくれるIoTデバイスなんて面白すぎて仕方ないので、これを口実にもっとラウンドしようと思います。

クリスマス

こんにちは、星(ゆ)です。

タイトル通りクリスマスに向けて、飾りつけをしました。
コロナ関係で外出が大変なこともあり、飾りを簡単に百均で見つけてきました。

あまりゴテゴテと飾るのは好きじゃないので、おもいっきりmerry Christmasとリースとポインセチアのみにしました

来年はコロナが落ち着いて、ゆっくりと、買い物ができたらいいなと願ってます。

最近見た映画

こんにちは、山口です。

最近見た映画について紹介します。
『21世紀の資本』というドキュメンタリー映画です。

数年前に映画タイトルと同じ原作本が発売され、
経済書としては異例のベストセラーになったものを映画化した作品です。

原作本は600ページ超えの16章からなる大作のため、
私はそれを簡単に要約した入門書を読みました。

主演が著者本人ということと、
この難しい内容をどう映画化したのか興味がありました。
※映画ポスターで両手広げてるひとが本人(トマ・ピケティ)

映画の内容は、
資本主義の始まりから現代にいたるまでの流れと、
作品の主旨となる「資本家と労働者の格差 (r > gの不等式)」についてを駆け足で解説していきます。

原作本では統計グラフや数字が多く出てくるのですが、映画ではそういうことはなく、有名な映画や画像を多く引用した作品になっているので、本を読むよりは分かり易いです。
だた、本一冊の内容を凝縮しているので、展開が早く流れについていくのが大変でした。

著者のピケティ以外にもイアン・ブレマーなど多くの著名人が出演しているので、
興味がある人は見る価値アリだと思います。
新型コロナの影響で上映中止となり、動画配信されていますので外出自粛のこの時期にご覧になってはいかがでしょうか。

小堀の渡し

乗り物が好きだ。
見る。乗る。知る。すべて良し。

こんばんは。浦部です。

以前は鉄道ネタを書いていましたが今日は渡し船です。

場所は自宅のある取手市。

この渡し船は、明治時代に蛇行した川の河川改修をしたところ一部の地区が市街地から川を挟んだ対岸に分断されてしまい、住民たちが不便を解消するために運行を始めたそうです。

市の境(県境でもある)が利根川の南にあることがわかります。
古い川の一部は沼として残っています。
渡し船が運行されはじめた頃は、単に「渡し」と呼ばれていたそうですが、分断された地区は小堀(『おおほり』と読みます)というため、小堀の渡しと呼ばれるようになったそうです。

その後に利根川に橋がかかり、橋までの道もできたことから住民での運営だと維持できなくなり公営に変わりました。
さらに平成になって小堀地区までコミュニティーバスが運行されたため、今では地区の住民の足から観光船に役割が変わっています。

説明が長くなりましたが、実は毎月乗っています。
船には自転車と原付が載せられ、原付で対岸の病院に行くには便利です。

取手市街地側からの出発の様子はこんな感じです。この船は平成元年に就航し30年と少し運用されました。

って、なぜ過去形か?

なんと令和2年から新しい船になりました。

塗装はアーティストの日比野克彦氏のデザイン。
見た目が綺麗。

自転車と原付は桟橋との段差が減ったので載せるのが楽になりました。

おしまい。

リンク: 取手市/小堀の渡し(おおほりのわたし) (city.toride.ibaraki.jp)