志賀高原ロングライド

こんにちは。木村です。

先日、社内の自転車同好会で、
「志賀高原ロングライド」というサイクリング大会に参加してきました。

コースは、以下の3種類
長坂フォンド(115km)
上ノ平フォンド(85km)
カヤの平フォンド(50km)

それぞれ、85km(若い連中 3名)、50km(若くない? 2名)に分かれ
エントリーしました。
当然のごとく私は、50㎞に参加です。

当日の天気は、曇で心配でしたが、折り返し地点にある
エイドステーションに着いたころには、天気も徐々に良くなってきました。
[

前半はほとんど下りで快適だったのですが、後半は上りが多く
事前にあまり練習が出来ていなかった事もあり思うように体が動かなく、
何度も休憩しながら戻りました。

自転車同好会を発足して、今回で3回目の大会参加になるのですが、
全員無事に完走することができました。

今回、長野県 山ノ内町平穏というところに行きました。出来れば、
もう一泊して温泉に入ってのんびりして帰ってきたかったですね。
車の運転もしんどかったので次回は、もう少し近場の大会に参加しようと思います。

ちなみに、現在メンバー募集中なので、気軽に声をかけてください。

バスの中身はなんだろな?

はじめましての方は、はじめまして。
こんにちは。えりか です。

先月の初旬?頃、
シビックセンタ新都市広場前あたりに、
突如バスが現れまして、
とても不思議に思っていました。


初めの頃はバスのみで、
しかもお昼頃に現れたものですから
何かのイベントなのか、はたまた
新しいバス停ができるのか・・
廃車(失礼)にしてはまだ使えそうだよなーとか
色々思っていたものです。

それから1、2週間後・・・
(久々にバスを見に行ったら)
なんと!バスに木が生えているではありませんか!
しかも行先表示板に「山行き」と書かれている!\(◎o◎)/!

※写真は見に行った時のものです・・・スミマセンm(__)m

ずーーーーっと不思議に思っていたのですが、
やっと謎が解けました。

そう、それは
絶賛開催中の「茨城県北芸術祭」用の展示品でありまして、
作品名は「ノアのバス(Noah’s Bus)」。
フィンランド出身の「テア・マキパー(Tea MÄKIPÄÄ)」さんの作品です。

生物生息空間をテーマに、
自然との共生を問う作品を創り続けているそうで
この「ノアのバス」がテアさんの最新作だそうです。

バスの中には
ウサギ、ロシアリクガメ、モルモット、セキセイインコ、レースポリッシュの
動物が見られるそうなのですが、
私が見に行った日は(イベント開催日と被ってたらしく)見物客が多すぎて
残念ながらレースポリッシュしか見れませんでした\(◎o◎)/

≫レースポリッシュ(写っている鳥です)

少ないですが撮ったもの一部をご紹介。

≫運転席

≫運転席②

≫外観

ちなみにこのバスは、
芸術祭開催期間の9月17日~11月20日まで展示されているそうなので
気になっている方は、見に行ってみてはいかがでしょうか

{今週の土日(10月8日と9日)には、郷土芸能祭がありますよ~( ̄▽ ̄)}

では、また。

((デジカメをうっかり忘れ、スマホで撮ったけどうまくいきませんなー。))

【リンク先】
============================================

☞ 茨城県北芸術祭 《公式HPより》
http://kenpoku-art.jp/

☞ ひたち秋祭り~郷土芸能大祭~ 《日立市公式HPより》
http://www.city.hitachi.lg.jp/event/002/p055069.html

☞ 自社サイト 【ライブ映像はこちら~】
http://www.tsn.co.jp/

============================================

「因縁の日光白根山にリベンジ」

こんにちは。田鍋(佑)です。
最近登山してないの?とよく聞かれていますが、まだ辞めてないです!

今回は栃木県と群馬県の境にある日光白根山に登ってきました。
日光白根山は日本にはこれより北に高い山はないと言われまして、
当然、関東圏では一番高い山で、標高2,578mです。

この日光白根山は3年ほど前に一回登っていまして、
実はその時右足のふとももを肉離れしてしまい、全治1カ月の重傷を
負ってしまいました。

それ以来、ずっとリベンジの機会を窺っていまして、今回いい機会でしたので
再度日光白根山の無傷登頂を目標に行ってきました。

当日は、天気に恵まれてずっと晴天。

この天気は最高ですね。
目の前の湖は中禅寺湖だったかな?

2~3時間登ると…

山頂!
個人的には往復6時間ぐらいの登山がちょうどいいですね。
これ以上長いと結構次の日にきます…

あとは、下山するだけです。
もくもく数時間歩きますと…

着きました。
さっきまであの山頂にいたことを思うと、感慨深いですね。

そして、無事無傷で下山です。
リベンジ達成!

これからも怪我しないように続けていきます。